diet

ダイエットでカルシウム不足を促進

投稿日:

ダイエットに関しての情報がTVや雑誌、インターネットで溢れています。

「これが良い」「これが効果的」と聞くと、ついつい飛びついて試してみたくなります。

しかし、結果的に長続きせず、今の自分に必要な食べ物を減らしてしまうことになり体のバランスを崩すことにもつながりますね。

まずは現在の自分自身の体調や、悩んでいること、不足していることなどにしっかりと耳を傾けてみましょう。

 

日本人はカルシウム不足

日本人の女性に不足している「カルシウム」ダイエットすると特に足りない状態になりやすい。

ダイエット中は食事が偏りがちになります。

ある栄養素に偏りがちになり、食生活のバランスよりも体重を減らすことが優先になりがちです。

現在の日本人の食生活で、カルシウム摂取量は後200mlほど足りていません。

200mlのカルシウム目安

  • 牛乳瓶 1本分
  • プロセスチーズ 30g 約2切れ
  • ヨーグルト   約2/3カップ
  • 木綿豆腐    約150g
  • ひじきの煮物  約一鉢強

 

ダイエット中でもカルシウムを補う

不足しているカルシウム分を補おうと思うと、毎日の食生活にプラス、カップ1杯の牛乳で補えます。

カルシウムの吸収力の目安

  1. 乳製品   50%
  2. 小魚、海藻 30%
  3. 緑黄色野菜 18%
  4. 大豆製品  18%

足りない分を摂り駄目しようと思っても吸収できる量は決まっているので、毎日コツコツ摂る事がポイントです。

 

カルシウムの効果

骨と歯をつくると知られている「カルシウム」は主に小腸から吸収されます。

他にも、筋肉の収縮を助ける、血液の凝固を防ぐ、精神を安定させるなど生命の維持にとてもかかわりの深いミネラルです。

 

カルシウムが不足すると

一定の量が不足しないように体内で調整されています。

でも、食生活のバランスが崩れカルシウムが不足すると骨を溶かして血液に供給されます。

その結果、骨粗鬆症になります。

現在ではダイエットのせいで、若年性の骨粗鬆症が増えているのが問題になっています。

 

 

大人のダイエットは「必要なものをしっかり摂る」

女性ホルモンのエストロゲンが低下すると、骨を造る、よりも、骨を壊す方が多くなり骨密度が低下します。

やみくもに食事制限ダイエットをして「体調を壊す」「骨力が低下する」なんてことのないように

しっかり必要なものは摂ってダイエットしたいですね。

 

-diet

Copyright© 女性専用の電話カウンセリング相談 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.