若々しく健康的で美しい身体づくりのための心・体・肌のエイジングケアについての方法やコツ。ライフスタイルの中で簡単にできるエイジングケアのご紹介です。食生活、リラクゼーション方法、家事、健康アップ、運動習慣などの秘訣です。

エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life

ダイエット中に摂りたいおやつ

投稿日:

ダイエット中でもおやつは必要

 

ダイエット中の天敵は「空腹」ではないでしょうか?

我慢した結果、次の食事でつい食べ過ぎてしまった、という経験もあると思います。

その時についつい摂りすぎるのが糖類、砂糖プラス油脂はおいしいけれど「肥満」や「老化」を促進させます。

ダイエット中でも空腹を満たし、安心しておいしく摂れるおやつをご紹介します。

 

 

ダイエット中のおやつ 気を付けたい事

おやつは午後3時ごろ

午後3時ごろはビーマルワンの活動量が一日の中で最も少ない時間帯です。

食べたものがもっとも脂肪になりにくい時間帯です。

生体リズムの観点からいうと、午後3時頃に甘いものを摂るのは仕事の効率アップに繋がるともいわれます。

また、昼食から夕食まで間隔があきすぎると、夕食の食事量が増えてつい食べ過ぎてしまい内臓への負担も大きくなります。

午後3時頃のおやつは気分転換にもなり、その後の能率も上がります。

太りにくい時間帯 BMAL-1

ビーマンワン(B-MAL1)

ビーマルワンとは、人のカラダを管理する体内時計を司っている「時計遺伝子」のたんぱく質です。

ビーマルワンは、時計遺伝子としての働きと、一緒に脂肪を溜めこむ働きもあります。

ビーマルワンの活動量が多くなる時間帯

起きてから14~20時間後です。

例えば、午前7時に起きる人なら、午後9時~午前3時頃になりますね。

この時間帯に食事を摂ると、摂取したカロリーがエネルギーとして消費されなく脂肪に変わりやすくなり、太りやすくなります。

同じ食事なら、ビーマルワンの活動量が少ない朝がダイエット中にはおススメですね。

 

おやつ 摂りたい内容と量

おすすめのおやつ

おやつに摂るなら、ビタミンやミネラルが多く消化も良い果物や野菜がおすすめですが少し物足りないですね。

ドライフルーツは女性には不足していると言われる食物繊維も豊富です。

また、乾燥させているのでポリフェノールも豊富になって抗酸化作用の効果も増加します。

 

ダイエット中おすすめのおやつ

  • 低脂肪のヨーグルト
  • チーズ類
  • 食物繊維の多いドライフルーツ、ナッツ

糖分の摂りすぎ ダイエットに大敵

毎日おやつタイムに糖分を過剰に摂り続けると血糖値の上昇を招きます。

血糖値が上昇するとインスリンの分泌が急増します、すると処理できなかった糖分や脂肪を体の中にため込み中性脂肪が増え肥満につながります。

 

ダイエットの時に「糖分プラス油脂」の多いおやつを毎日摂るのは大敵ですね。

また、インスリン分泌量とインスリン分泌時間が増えるほど老化を促進させる言われます。

 

甘さが欲しいときに摂りたいもの

  • プルーン

アントシアニンが豊富です。鉄分も豊富に含むために女性に多い貧血予防にも効果的です。

  • いちじく

食物繊維が豊富です。むくみを抑えるカリウムも多く、腸内環境を整える効果もあります。

  • あんず

食物繊維が多いので腸内環境を整えます。ビタミンAが肌の老化を防いでくれます。

 

「食物繊維豊富なドライフルーツ」に「ヨーグルト」をプラスで健康アップ

 

欧米型に食生活が進んで、昔の日本食を摂ることも少なくなりました。

今、女性には大腸がんが増えています。

原因の一因に食生活の欧米化となり「食物繊維不足と脂肪の摂りすぎ」が言われています。

それを補うためにも

ドライフルーツにヨーグルトをプラスしておやつタイムに摂ると、「おいしく、健康的に、ダイエット中でも安心」おやつタイムになります。

 

我慢するダイエットはなかなか続かず、またリバウンドへとつながります。

食生活を制限するダイエットを繰り返すと筋肉量が減り、黙っていても燃えるエネルギー量が低下します。

筋肉量の低下は基礎代謝が低下するのでダイエットしにくい体になってしまうのです。

筋肉量を低下させないためにも、ドカ食いを予防するためにも「食べて痩せるカラダづくり」のために賢いおやつタイムを楽しみたいですね。

 

-diet

Copyright© エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life , 2019 All Rights Reserved.