若々しく健康的で美しい身体づくりのための心・体・肌のエイジングケアについての方法やコツ。ライフスタイルの中で簡単にできるエイジングケアのご紹介です。食生活、リラクゼーション方法、家事、健康アップ、運動習慣などの秘訣です。

エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life

女性ホルモンの低下で感じる不安感

投稿日:2019-03-02 更新日:

女性ホルモンが低下する時期に、ある日突然に体調不良が始まることがあります。

それまで当たり前にこなしていたことが、できないことの不安などを感じることが起こります。

せっかく今まで頑張って来たのに、心も体も今までとは違い自信を失うことにもつながりかねません。

むやみに不安を感じることなく日々を過ごすための秘訣をご紹介します。

なにか今までとは違うと感じる

イライラや憂鬱、ホットフラッシュなどよく知られている症状とは違い、「集中力が続かない」「記憶力が悪くなった」「いままでできていた作業が思ったようにできない」など感じる時があります。

 

私も「集中力がわかない」「捗らない」と感じることがあり悩んだ時期があります。

この記憶力の低下は「更年期」なのか「若年性認知症」なのかと悩みました。

 

しかし更年期が原因であれば女性ホルモンの低下に体が慣れてくると、いつの間にか「集中力」「記憶力」「作業の効率」なども戻ってきますのでむやみにご心配には及びませんよ。

それでも、もしご心配であれば一度病院での診察を受けられたら安心です。

 

メモと優先順位

● 忘れっぽいその時期は、なんでもメモにする事で忘れないように予防すると良いですね。

忘れてはいけないことは、目につくところに何枚も貼ったりして。

 

● 今日中に、絶対やっておかないといけないことから始める。

明日でも良いことは優先順位を低くして、今日しておかなければいけない順位をその日の朝に決めると安心です。

 

更年期の時は200ほどの症状があると言われます。

人それぞれ、その症状は違ってきます。

自分らしく笑顔で過ごすために日常のちょっとした工夫で乗り切りたいですね。

 

 

-work

Copyright© エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life , 2019 All Rights Reserved.