若々しく健康的で美しい身体づくりのための心・体・肌のエイジングケアについての方法やコツ。ライフスタイルの中で簡単にできるエイジングケアのご紹介です。食生活、リラクゼーション方法、家事、健康アップ、運動習慣などの秘訣です。

エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life

肌老化の原因紫外線 秋に美肌を作るために

投稿日:

肌老化原因紫外線秋の肌対策

日中は真夏の猛暑が落ち着いて涼しい風が吹き、空の雲も夏の終わりを感じさせるころ。

秋の訪れを感じる夏の終わりになると、肌を刺すような紫外線も弱くなった、と思いませんか。

夏の強い紫外線を浴びた肌蓄積され続けているメラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを作らないためにも、秋の肌は夏よりもケアが必要です。

晩夏から秋に向けてのお肌のメンテナンスの方法をご紹介します。

肌老化の原因 紫外線対策の必要性

 

真夏の太陽は強い紫外線ですが高い位置にあります。夏の終わりになると太陽の位置は少し低くなり、秋の紫外線を顔全体で受けるようになるといわれます。

真夏に受けた紫外線でメラニンが蓄積され、蓄積された紫外線により、秋にもメラニンが作り続けられます。

いったん浴びた紫外線でメラニンが生成され、体外に排出されるまでターンおーばで肌の細胞が生まれ変わる28日から1.5か月くらいかかります。

夏の終わりから秋口にかけても、メラニンがシミ、そばかすにならないようにUVケアを続けましょう。

肌老化の原因 紫外線対策

肌を老化させる紫外線 秋の肌に影響

季節の変化でデリケートになる肌

真夏は紫外線の侵入を防ぐために肌は自らの角質を厚くして紫外線から守ろうとします。

秋口になると厚くなっていた確執もも、季節の変化とともに変化して次第に薄くなってきます。

また、体そのものも外部の環境の変化を感じ、変化に対応しようとしてストレス状態になり、外界の刺激に反応しやすくなります。

そのために、秋はお肌のトラブルが発生しやすく、カユミやカブレなどを発生しやすくなります。

肌老化の原因紫外線 秋の肌は疲れている

真夏の猛暑や強い紫外線、エアコンによる冷え、新陳代謝の低下、など夏の肌ダメージがあらわれるは秋になるころです。

季節の変わり目になりデリケートになっているお肌は、メラニンが色素沈着しやすくなります。

肌老化の原因紫外線 ダメージを回復する

夏にダメージを受けている肌は秋にじわじわとあらわれてきます。

まず肌へのダメージを回復するためにスキンケアの基本「洗顔+保湿」の基本に立ち戻りましょう。

秋の肌対策 洗顔

洗顔方法

お肌の汚れをしっかりと取りながら、肌に必要な成分は残しましょう。

たっぷりの泡でやさしく泡を肌の上でころがすように優しく洗います。

ゴシゴシ洗いはお肌の必要な成分まで落としてしまい、肌を傷めてしまうのでやさしく洗います。

秋の肌ケア 泡で洗顔

保湿をしっかりとする

秋の肌は紫外線の影響で「シミ」「くすみ」「そばかす」などが目立つようになってきます。

猛暑の後のダメージでお肌の乾燥が進んでおり、ダメージは相当大きいものです。

本格的に夏の紫外線のダメージが肌に現れる前にしっかりとケアしましょう。

猛暑の紫外線から守ろうと自らの角質を厚くした肌は、保湿をしてもなかなか肌へと浸透しにくく、十分に保湿効果が得られません。

乾燥するとお肌の細胞の生まれ変わりのターンオーバーの日数も長くなり、再生しにくく肌乾燥がますます進んでしまう事にもなりかねません。

乾燥すると肌のキメが荒れて毛羽立ち、その結、お肌がくすんで見えるようにもなります。

保湿

たっぷりの泡でやさしく洗ったあとは、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。

すぐに化粧水をたっぷりと与えて保湿します。

乾燥していつ肌は刺激を受けやすいので、刺激が少ない化粧水を使うようにしましょう。

乾燥している部分には保湿効果のあるアイテムを使うのもおすすめです。

うるおうための食生活

秋口の乾燥を防ぐためには秋の旬の果物を摂るのも効果的です。

お肌の再生、修復に効果的な、ぶどう、りんご、無、柿など。

秋の肌対策 秋の果物を摂る

梨のザラザラとした触感はペントザンと呼ばれる成分です。

ペントザンには高い保湿効果があり、市販されている化粧水にも配合されているものもあります。

胃腸の調子が整ったり、脂肪が分解されやすくなる効果が期待できるので、揚げ物などを食べすぎた時など胃腸の働きが改善されやすくなります。

 

ぶどう

抗酸化作用のポリフェノールを多く含んでいます。

活性酸素を取り除く効果が期待できるので、夏の紫外線により発生した活性酸素を取き美肌効果が期待できます。


まとめ

夏の終わりには、涼しい秋が来たのが嬉しくて、ついついUVケアを怠りがちになります。

しかし猛暑のダメージを受けたお肌のケアを秋口にしっかり丁寧に行うことで、ダメージを表面にあらわさずに美肌をつくることができます。本格的なダメージにならないように、入念にスキンケアを行って夏のダメージからお肌を回復させましょう。

 

-skincare

Copyright© エイジングケアを高め「若々しい心と体をつくる」効果的な方法|e-life , 2019 All Rights Reserved.